プロフィール

キウイロンガー

Author:キウイロンガー
現在1300,000円を運用しています。(毎月資金を追加しています)



高金利通貨GFT系チャートがお気に入りです。おすすめはFX口座はマネーパートナーズ。コメント・トラックバック・相互リンク歓迎!


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


FXブログランキング


FXブログ相互リンク


最近のコメント


最近のトラックバック


広告



    Dell-個人のお客様ページ

ブロとも申請フォーム




おすすめ為替情報記事
 →政策金利 8.50%!南アフリカランド円取引を始めよう
 →南アフリカの経済指標結果をチェックする方法はこちら
 →NZと南アフリカの政策金利推移をまとめてみました
 →資金を安心して預けることができる信託保全とは
 →リアルタイムで為替ニュースを得る方法はこちら
 →税金がお得なくりっく365で無期限注文が可能になりました
 →64通貨ペア!70種類のテクニカルが見れる高機能チャート
 →ジム・ロジャーズ開発の商品先物指数に投資できる商品ファンド

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南アフリカ貿易収支

→毎日チェックの為替ランキング!

昨日、発表された南アフリカの貿易収支は、予想-50.0億ランドのところ、結果は-52.84億で、予想よりも若干弱い数字が出てきました。そのせいもあってか南アフリカランドはやや値を下げて、現在は15.20円。

NZドル円は現在77.10円。今週は、弱い経済指標やら政府の口先介入などがありましたが、なかなか大きくは落ちてきていません。NZ金利7.25%が人気となって根強く買われているようです。

来月は、NZの経済指標は10月中旬まで目立った指標がありません。材料の少ないなか、NZドルは一服して調整が進むのか、それとも、また高金利が注目されて買われていくのか。

南アフリカランド円はかなり下がってきたのでロングしましたが、NZ円はなかなか落ちてこないので、じれったい感じです。

こちらの為替ブログも必見!好評の外為ランキング!

現在のポジション
ZAR/JPY 15.30×10,000
ZAR/JPY 15.36×20,000

スワップ損益 -円 (業者メンテ中)
評価損益 -円
差引損益 -円
為替証拠金ブログランキング
人気blog為替ランキング
南アフリカランド円が取引できる信託保全のFX業者3社
セントラル短資ひまわり証券三貴商事FX24
スポンサーサイト

南アフリカの経済指標結果サイト

→毎日チェックの為替ランキング!

最近は、南アフリカランド円の取引をしている人が増えているにも関わらず、南アフリカランドの動向については情報が少ないままです。

南アフリカランド関連のブログを見つけて、いざそのブログを見に行っても、何だか思っていたブログと違ったとか、期待していたような情報は無かったということもあるかと思います。(このブログも含めて)

南アフリカランドを取り扱っているFX業者のサイトを見ても、南アの指標結果すら載っていなかったということが多々あると思いますが、セントラル短資指標ページや、為替ライフ指標ページには、しっかりと南アフリカの経済指標の結果が載っています。

ちなみに速報性については、現在は、セントラル短資よりも、為替ライフの方が上となっています。

為替は経済指標で大きく動くことも多々あるので、経済指標をチェックしておきたいという人も多いと思います。

南アフリカランドの経済指標結果については、セントラル短資と、為替ライフの指標ページを見れば、大体もれなくチェックできると思うのでおすすめです。

こちらの為替ブログも必見!好評の外為ランキング!

NZ円の下落の目安

→毎日チェックの為替ランキング!

今朝、NZの第2四半期GDPが発表されましたが、予想+0.6%のところ結果は0.5%と発表され、NZ円は大きく下げました。現在NZ円は76.85円です。

これでNZの経済指標は、今月発表された経常収支、貿易収支、GDPの全てが、事前予想より悪い数字が出てきました。これらの経済指標と、今週のカレン財務相の発言により、NZの利上げの可能性はかなり薄くなりました。

今後の値動きとしては、利上げなしを悲観して売られるか、それとも、しばらく金利据え置きが続くことを好材料として買われるか、二つの可能性があると思います。

個人的には、いったんNZ円が下落することを望んでいますが、下落の目安としては、
一目均衡表:基準線76.20、雲上限74.90付近
フィボナッチ:76.86、76.31、75.76
トレンドライン:76.00付近
前回の安値:74.00付近

などのテクニカルがありますが、雲上限の74.90あたりまで落ちれば、キウイ円をロングしようかと考えています。

こちらの為替ブログも必見!好評の外為ランキング!

現在のポジション
ZAR/JPY 15.30×10,000
ZAR/JPY 15.36×20,000

スワップ損益 +434円
評価損益 +0円
差引損益 +434円

豪ドル円は若干低い位置にあるが

→毎日チェックの為替ランキング!

今週は、カレン財務相の口先介入があったものの、現在NZドル円はしぶとく77円付近で下げ渋っています。

カレン財務相は、NZドル高を嫌った発言をしましたが、NZ金利は2008年まで据え置きと言ったり、実際にNZ金利を決めるのは政府ではなく、RBNZ(NZ準備銀行)であることから、NZドルが下げきる前に押し目買いをしたいという人も多く、なかなかNZドルが下がってこないようです。

今日は南アフリカランド円が15.50まで上昇しましたが、現在は15.34まで落ちてきています。現在南アフリカランド円は、8月半ばからの下落中なので、なかなか急には上がらなさそうです。

豪ドル円が少し下がっていて、MACD、スローストキャスティクス、ボリンジャーバンドで若干低い位置にあったので、買おうかどうか迷いましたが、最近の高値の90円からは2円程度しか下がっていないので、断念しました。個人的にはあと3-4円安くなると安心して買える感じです。

こちらの為替ブログも必見!好評の外為ランキング!

現在のポジション
ZAR/JPY 15.30×10,000
ZAR/JPY 15.36×20,000

スワップ損益 +341円
評価損益 +300円
差引損益 +641円

南アフリカランド円が3日陽線で底固め

→毎日チェックの為替ランキング!

今日のNZと南アフリカの経済指標は、
12:00 NZ マネーサプライ M3
18:30 南ア 生産者物価指数
22:00 NZ NBNZ 企業信頼感
が発表されます。

NZドル円と南アフリカランド円、それぞれチャートで見てみると、NZ円は、MACDはデッドクロスし、経済指標も政府も下落を後押ししているにも関わらず、なかなか下げきりません。いまだ77円付近で下げ渋っています。

去年87円まで上昇したので、77円ではまだ安いと思っている人も多いのか、また、金利7.25%のNZドルをショートしたいと思うには、何か大きなきっかけがないと難しいのかもしれません。

南アフリカランド円は、6月の安値の15円付近でいったん下げ止まり、底を固めているように見えます。3日連続で陽線を付けて、上昇の兆しも見え始めています。

今、南アフリカランド円のポジションを持っていますが、NZドル円に比べると、値が低い割には変動幅が大きく、ポジションの大きさや、買い増しと利確のタイミングが難しそうだなという印象です。

こちらの為替ブログも必見!好評の外為ランキング!

現在のポジション
ZAR/JPY 15.30×10,000
ZAR/JPY 15.36×20,000

スワップ損益 +341円
評価損益 +300円
差引損益 +641円

NZドル円が46円!?

→毎日チェックの為替ランキング!

今日はさきほど、南アフリカの経済指標のCPI、CPIX、消費者物価指数が発表されましたが、概ね予想通りの結果だったようです。

指標発表時、南アフリカランド円は上昇しましたが、現在はもとに戻って、15.30円付近で推移しています。

NZドルはカレン財務相の発言で下落したましたが、カレン財務相は、NZD/USDが0.4000まで下落する可能性も忘れるべきではないと発言しました。

NZD/USDが0.4000というのは、2001年のNZD/USDのレベルですが、NZD/JPYでいうと、大体46-48円程度ということになります。

去年12月に、87円まで上昇してから始まった急落は、67円で下げ止まったので、いきなりNZドル円が46円まで下がるということは考えにくいですが、確かに過去の安値というのは頭に入れておく必要があると思います。

個人的には、今のところは、NZドル円と南アフリカランド円でいえば、NZドル円は68円、南アフリカランド円は15円あたりが、最近のチャートで見る底だと思いますが、過去の安値でいえば、NZドル円は40円台、南アフリカランド円なら9円程度まで下がる可能性も、一応は考えていた方がいいのかもしれません。

こちらの為替ブログも必見!好評の外為ランキング!
毎日チェックの為替ランキング!

現在のポジション
ZAR/JPY 15.30×10,000
ZAR/JPY 15.36×20,000

スワップ損益 +62円
評価損益 +300円
差引損益 +362円

またまたカレン財務相

→毎日チェックの為替ランキング!

NZドル円は、またまたカレン財務相の発言で下落しています。
もともとNZ政府は、NZドルが高騰することを嫌っているので、NZドルが高くなってくると、こういう発言が出てくるようです。

今回のカレン蔵相の主な発言内容は、「最近のNZドルの上昇を懸念、NZ準備銀行は追加利上げをしない、NZ政策金利は2008年まで据え置く可能性がある」などです。

インフレを抑えるために利上げの可能性もあることを示したいNZ中央銀行は今月初めに「利上げもあり得る」と言いましたが、NZドル高を望まないNZ政府は「利上げはない」と言ってきました。

今回のカレン財務相の「利上げはない」という発言で、金曜発表のGDPが利上げにつながる可能性は薄くなってしまったので、現在、やや高値圏にあるNZドル円も失望売りが出て、若干下がってきそうです。

NZドル円のとりあえずの下落の目安は、
トレンドライン:76~75円
一目均衡表:基準線76.20円、雲上限74.65
前回の安値:74円、71円付近など。(GFT系チャート)

NZドル円が落ちてきそうな雰囲気も出てきましたが、そんななか南アフリカランド円を2万買い増ししました。

こちらの為替ブログも必見!好評の外為ランキング!

現在のポジション
ZAR/JPY 15.30×10,000
ZAR/JPY 15.36×20,000

スワップ損益 +62円
評価損益 -1,800円
差引損益 -1,738円

ほとんどの通貨に対してNZドルが強い

→毎日チェックの為替ランキング!

今朝の貿易収支発表後から、大きく売られたり買われたりしているNZドル円ですが、現在は77.90円で、結局貿易収支発表前のレベルに戻ってきました。

今月初めには、NZ中央銀行が、「インフレ上昇は容認できない(=利上げの可能性もあり)」という姿勢を示したので、高金利通貨のNZドルは下値では買っていきたいという人が多いため、なかなか低い位置まで下げきらないのだと思います。

金曜日発表のGDPが強い数字になれば、自動的にNZ追加利上げの可能性も期待されるため、GDPが良い数字になることを期待してNZドルを買っている人も多いのかもしれません。

AUD/NZD、GBP/NZD、NZD/CAD、NZD/CHF、NZD/JPY、NZD/USDなど、ほとんどの通貨に対して現在NZドルが強くなっている状況です。(GFT系チャート参照)

ただこれだけ、どちらか一方に偏っているということは、逆に動いたときのエネルギーも強く、NZドルが売られるときは勢いよく売られていくかもしれないので、NZD/JPYを低い位置で買いたいキウイロンガーとしては、一気にNZドルが売られることを期待しています。

ただNZDJPYのチャートを見ていると、NZドルが強くて、なかなか下がらなそうだなあ、という感じはしています。

こちらの為替ブログも必見!好評の外為ランキング!

現在のポジション
ZAR/JPY 15.30×10,000

スワップ損益 +31円
評価損益 -1,600円
差引損益 -1,569円

今週の南アフリカ経済指標

→毎日チェックの為替ランキング!

南アフリカランド円の取引も始めたので、これからは南アフリカの経済指標や、ランド円のテクニカルもチェックしていきます。

今週の主な南アフリカの経済指標は、
9/27(水)18:30 CPI、CPIX、消費者物価指数
9/28(木)18:30 生産者物価指数
9/29(金)21:00 貿易収支
が発表されます。

一般的に、消費者物価指数、生産者物価指数、貿易収支などは注目の集まる指標ですが、これらの経済指標でランド円はどう動いてくるでしょうか。

ちなみに前回の8/31の貿易収支では、事前の予想よりも悪い数字がでていて、そのせいかどうかはわかりませんが、下落からじわじわ回復していたランド円が、8/31からまた下落を始めています。

現在ランド円は15.23円で、大体、6月の安値の15円付近で下げ止まるのでは、というのが個人的な大雑把な予想です。

ただ過去にはランド円は9円くらいだったこともあるようなので、その点だけは一応頭に入れておこうと思います。

こちらの為替ブログも必見!好評の外為ランキング!

現在のポジション
ZAR/JPY 15.30×10,000

スワップ損益 +31円
評価損益 -700円
差引損益 -669円

NZ貿易収支は悪化

→毎日チェックの為替ランキング!

今朝のNZ貿易収支は、-9.61億NZドルの赤字となり、赤字額が予想より大きかったため、NZドルは売られましたが、その後反発してもとの値段まで戻ってきました。
現在はNZドル円は77.90円。

赤字額が増大しても、勢いの弱まらないNZドルですが、NZドルが強い理由は、9/29のGDPで良い数字が予想されている、利上げの可能性がある、金利が高く人気がある、などがあると思います。

前に買ったキウイ円のポジションは、74-77円で、すでに決済してしまったし、あまりここからは上値追いがしづらいところです。

キウイ円は、金利差や人気が値を下支えする反面、いつ一斉に売られて下落するか分からないというリスクもあります。

ただ週足の一目均衡表では、遅行線がローソク足の上、転換線が基準線を抜いている、ローソク足が雲の上に出そうだったりと、若干強気のサインも出ているので、迷うところです。

こちらの為替ブログも必見!好評の外為ランキング!

現在のポジション
ZAR/JPY 15.30×10,000

スワップ損益 +31円
評価損益 -1,000円
差引損益 -969円

割安感のあるランド円をロング

→毎日チェックの為替ランキング!

NZドル円は夕方から上昇を始め、現在は77.86円まで上昇しています。

アメリカの利上げ可能性が後退したので、現在金利の高いNZドルが注目されて買われたのかもしれませんし、前に書いたようにGDPが上がることを見越してNZドルが買われた可能性もあります。

もしまだNZ円が下がるとすれば、下落の目安は、
一目均衡表:転換線76.98、基準線76.20
フィボナッチ:76.86、76.31、75.76
トレンドライン:76~75円

個人的には70円台半ば~70円台前半まで落ちることを期待しているキウイ円ですが、去年も比較的高値圏にありながら、77円から87円まで上昇しただけに、今年もここから上がる可能性も無きにしもあらずです。

NZドル円が77.50まで上昇したとき、かなり買おうかどうか迷ったんですが、ボリンジャーバンド、MACD、スローストキャスティクス全て高値圏にあることから、買いは見送りました。

その代わりに、少し前から割安感に注目していた南アフリカランド円を買いました。15.30円でとりあえずの試し買い。

いまのところランド円は、落ちているナイフを拾った感じですが、下げ止まれば更に買いましていく予定です。

こちらの為替ブログも必見!好評の外為ランキング!

現在のポジション
ZAR/JPY 15.30×10,000

スワップ損益 +0円
評価損益 +100円
差引損益 +100円

NZ円は(ほぼ)デッドクロス、ランド円は割安感

→毎日チェックの為替ランキング!

明日は朝にNZ8月貿易収支が発表になります。
前回の数字は7.45億NZDの赤字、今回の予想値は7.325億NZDの赤字となっています。

ちなみに前回の輸出は30.13億NZD、輸入は37.58億NZDでした。
NZは農業国で、輸出の多くが農産物。資源が豊富だったり工業製品に強いわけでもないので、当面、輸出が劇的に増えるということはなさそうです。

現在、NZ円は77.15円。今週の始まりは、いまのところ若干円安で始まっているみたいです。
NZ円はほぼMACDがデッドクロスしたようなので、まだ下落することを期待してますが、最近のNZ円の動きを見ているとあまり下がらないのかもしれません。

割安感でいえば、今はNZ円よりも南アフリカランド円の方が、大きく割安感があるので、こちらのランド円の方を狙っています。

NZの金利は7.25%、南アフリカの金利は8.00%で、スワップもランド円の方がお得感があります。

ただランド円は去年の安値15.54円を既に割っているので、どこまで落ちるかはもう少し見たいと思います。

この為替ブログは必見!好評の外為ランキング!

現在のポジション
なし

来週のNZ経済指標

→毎日チェックの為替ランキング!

先週は、カレンNZ財務相のNZドルに対する弱気コメントやNZ経常収支の悪化が、NZドルの売り材料となりましたが、9/18に付けた78.64からは、まだあまり落ちておらず、なかなかNZドルは落ちきりません。

NZDJPYが落ちきらないのは、先週ドルが売られて、NZDUSDが上がってしまったことも原因の一つだと思うので、なかなか一筋縄ではいきません。

さて来週の主なNZ経済指標は、
9/26 07:45 NZ 8月貿易収支
9/29 07:45 NZ 8月住宅建設許可、NZ第2四半期GDP
です。

先週の経常収支は予想通り、悪化した数字が出て、NZドルは売られましたが、今週9/29のNZ第2四半期GDPでは、+0.6%という若干良い数字が予想されていますがどうなるでしょうか。

現在NZドル円は、金利差を狙って買いたい人と、ファンダメンタルを考えて売りの機会を窺っている人が、せめぎ合っているような感じです。

週足の一目均衡表では、雲の上限ではね返されたようにも見えるし、個人的には、いったん落ちないことにはロングできないので、また70円台半ば~70円台前半まで落ちることを期待しています。

こちらの為替ブログも必見!好評の外為ランキング!

現在のポジション
なし

NZドル円の86%がロングポジション(外コム)

→毎日チェックの為替ランキング!

順調に下げていたNZ円は、NY時間に76.34で反発して、今週は77.11円で引けました。

前回9/1からの下落は一目均衡表の基準線のあたりで下げ止まりましたが、今回もここで反発するならば、また基準線のあたりで下げ止まることになります。

ちなみにこの76.34という位置は、フィボナッチで見ると、9/11-9/18の上昇の50%戻しの位置でもあります。

個人的にはもっと落ちないとロングし辛いんですが、今年はNZ円は1月から6月まで、ずっと雲の下で低迷していたので、7月にやっと雲の上に出てきて、なかなか落ちないのかもしれません。

NZ円は去年は、年後半はずっと雲の上にいたので、ひょっとすると今年も後半はずっと雲の上なのかも、と少し思いました。

外為どっとコムの売買比率でも、NZドル円の86%がロングポジションになっているので、NZドル円がなかなか下がらないのも納得です。

他の為替ブログも必見!

現在のポジション
なし

ランド円買い検討

→毎日チェックの為替ランキング!

NZ円は現在76.50円。
今日も陰線を付ければ、4日連続で下落となります。

NZ円は現在高値圏にあり、MACDもデッドクロスしそうなので、一度落ちるとなればある程度の下落も期待できますが、9/1からの下落では3円程しか下落しなかったので、どちらとも言い難い感じです。

今のNZドルは、弱い経済指標が続き、政府もある程度までの通貨安を望んでいるけれども、金利が高いので下値では投資家の買い需要がある、というのが特徴かもしれません。

さて南アフリカランド円の買いを検討していますが、今、南アフリカは政局不安が続いていたり、一部のヘッジファンドがランド円買いを解消していたりというリスクがあるみたいです。

しかし下がったものはいつかは上がるだろうし、南アフリカの高金利はかなり魅力なので、反転しそうになったら試し買いしたいと思います。

他の為替ブログも必見!

現在のポジション
なし

キウイロンガーだけど南アフリカランド円

→毎日チェックの為替ランキング!

昨日は米フィラデルフィア連銀景況指数が、予想の14.3に対して結果は-0.4と、大幅に悪化したことを受けてドルが下落しました。

高金利通貨をターゲットとするキウイロンガーとしては、ドル円のロングも狙っているので、110-114くらいまで落ちてから反発すれば、ドル円のロングも検討します。

他にロング検討している通貨としては、南アフリカランド円。
現在は南アフリカの政策金利は8.00%で、NZの政策金利より高い水準となっています。

ランド円は現在15.20円付近で、最近の安値から見るとかなりいいところまで落ちており、割安感も感じられます。

NZ円は現在76.86円。MACDもそろそろデッドクロスしそうでもう少し下落が期待できます。

NZ円下落の目安(9/22)
一目均衡表:転換線76.78、基準線76.18
フィボナッチ:76.86、76.31、75.76
トレンドライン:76~75円

NZドル円がなかなか落ちきらない今、NZドル以上の高金利通貨、ランド円のロングも真剣に検討しています。

他の為替ブログも必見!

現在のポジション
なし

NZ円下落の目安

→毎日チェックの為替ランキング!

朝のNZ経常収支で悪い数字がでたことで値を下げたNZドル円ですが、下落を続け、現在は77円付近で小動きしています。

3日前に78.64で天井を付けてから、順調に値を下げてきていて、もうすぐMACDもデッドクロスしそうなところまできています。

NZカレン財務相の弱気コメントや弱い経済指標、テクニカル的にももう少し下落が期待できます。

とりあえずの現在のNZ円の下落の目安としては、
一目均衡表:転換線76.31、基準線76.08
フィボナッチ:76.86、76.31、75.76
トレンドライン:76~75円

などが、挙げられると思いますが、76.86は昨日すでにタッチしているので、ここで下げ止まってしまう可能性も無きにしも非ずです。

もちろんこれらを割ってさらに下落する可能性もあるので、個人的には、また68円台くらいまで落ちてくれると嬉しいんですが、まあ当分は無さそうです。

他の為替ブログも必見!

現在のポジション
なし

NZ財務相は下落を期待

→毎日チェックの為替ランキング!

昨日発表された、アメリカとイギリスの政策金利は、現行の金利の据え置きで特にサプライズはありませんでした。

注目されていた今日朝のNZ経常収支は、予想より大幅に赤字を拡大させたことで、NZドルは下落しました。

発表前には、赤字が大幅改善するとの噂が流れ、NZドルを買う動きもありましたが、予想通り悪化の結果が出てNZドルが売られました。

9/20には、NZのカレン財務相は、「NZドル買いには、過剰反応がみられる」「NZ中銀は利上げを予測していると言っているのではなく、当面は据え置きになる見通しだと言っている」などの発言もあり、またNZドルの高騰をけん制するような発言をしてきました。

現在NZ円は77.25円で、70円台の高値圏にあるので、NZ財務相としては、70円台前半まで落ちることを期待していると思います。

NZ円の日足では、MACDがデッドクロスしそうな所なので、もう少しNZ円が落ちることを期待します。

他の為替ブログも必見!

現在のポジション
なし

NZドル円のテクニカル

→毎日チェックの為替ランキング!

タイのクーデター発生で、アジア通貨、豪ドル、NZドルなどに対して、多少ドルが買われましたが、現在は落ち着いています。

NZ円は78.64で天井を着けてから、現在77.22まで下落しています。一時は76.68まで値を下げました。

いくつかのテクニカルでNZ円の下げ止まる位置を予想してみると、
一目均衡表:転換線76.31、基準線76.08で下げ止まる
フィボナッチ:76.86、76.31、75.76で下げ止まる
トレンドライン:75~76円で下げ止まる

という感じになっているので、個人的には75円台くらいで、キウイ円をロングできることを期待しています。

前回のテクニカル予想では、一目均衡表のテクニカルが的中しましたが、今回はどうなるでしょうか。個人的には、より低いところでキウイをロングしたいので、75円よりも下に下がることを期待したいです。

他の為替ブログも必見!

現在のポジション
なし

欧州の口先介入

→毎日チェックの為替ランキング!

ユーロ円に関する欧州の口先介入があり、円が買われているようです。どうやら欧州はユーロ円が150円を越えるのを嫌っているようです。

円が買われ、NZ円もようやく少し落ちてきて、現在は77.72円。このままトレンドラインの支持線、75~76円あたりまで落ちてくれるとありがたいです。

NZは木曜日に経常収支が発表される予定ですが、予想では前回よりも少し悪めの数値が予想されています。

NZ円は今、すこし高い位置にあるので、個人的には木曜のNZ経常収支でさらに下落することを期待しています。

ただ予想よりも良い数字が出れば、またNZ円は上昇してしまうかもしれないので、そうなるとまたキウイロングの機会が伸びてしまい、キウイロンガーなのにキウイがロングできないという情けない状態が続きます。

他の為替ブログも必見!

おすすめチャート

→毎日チェックの為替ランキング!

FXをやっている人はそれぞれ自分のお気に入りのチャートを持っていると思いますが、キウイロンガーのお気に入りチャートはGFT系のチャートです。

GFT系のチャートを愛用している人は多いと思いますが、個人的にGFT系のチャートを愛用している理由は、「見やすい」「豊富なテクニカル」この二点に尽きると思います。

キウイロンガーの投資手法としては、大体、ファンダメンタル3、テクニカル7くらいの割合だと思いますが、実際に、主に重要視しているテクニカル指標は、MACD、スローストキャスティクス、ボリンジャーバンド、一目均衡表、移動平均線などです。

これらのテクニカル指標はもちろん、それ以外にも約70種類のテクニカル指標を、GFT系のチャートでは見ることができます。

GFT系チャートを使用しているFX業者のなかでは、AFT-FXダイレクトトレードDRAGON FX 24が、64通貨ペアものチャートが見れるので、おすすめです。

特にDRAGON FX 24は、AFT-FXダイレクトトレードと違って、一度全額出金をしてしまっても、チャートを使い続けることができるので、個人的にはDRAGON FX 24の方がおすすめです。

他の為替ブログも必見!好評の外為ランキング!

円安再開

→毎日チェックの為替ランキング!

G7が終わり今週の為替相場が始まりましたが、日銀福井総裁は「金利上げを急がない」「各国から日本の金融政策に対する批判は無かった」と発言、また、欧州からのユーロ円の上昇に対する発言が想定内のものであったことから、今週も円安基調で始まりました。

NZ円は現在、78.29円。

9/11に74円で下げ止まってから78円を越えるまで上昇してきたNZ円ですが、旅行に行っていたこともあり、この上昇には乗れませんでした。

せめて9/5に決済した74.83のポジションを持ったままでいればなあと悔やんでいます。

今回の上昇に乗れなかった敗因(別に負けたり損したりしたわけではないですが)としては、1.旅行中、指値を入れておかなかった、2.いちばん低いところで持ったポジションは売るべきではなかった(結果的に)、の2点が挙げられます。

この教訓は次に活かすとして、今はNZ円は6連騰しているので、調整があることを期待して、下がるのを待っています。

トレンドラインで見ると、最低でも75~76円くらいまでは落ちて欲しいところです。

他の為替ブログも必見!

現在のポジション
なし

G7発言

→毎日チェックの為替ランキング!

G7では、日本の金融政策について批判はなかったものの、欧州による円安けん制発言と、日本のゼロ金利解除と景気拡大についての話があったようです。

現在はノーポジションで、キウイ円をもっと安いところで買いたいので、個人的には、今回のG7で若干円高になることを期待します。

クロス円のなかでは、NZ円だけが上がり続けている感じなので、いちど全体的に円高になれば、NZ円はかなりロングしやすい位置にまで落ちるのではと思っています。

今週の主なNZ経済指標は、
9/21 7:45 NZ第2四半期経常収支
が発表されます。

今回のNZ経常収支は悪化すると見られており、これが現在上昇しているNZドルにどう影響を与えるか注目です。

他の為替ブログも必見!

現在のポジション
なし

G7終了、欧州勢は円安けん制

→週末の為替ランキング!

ドイツ財務次官のユーロ高円安を嫌った介入発言などで注目されていたG7が16日閉幕しました。

声明では、円安を問題視するような発言はなかったようですが、円のゼロ金利解除や景気回復についての議論は行われたようで、欧州各国は円安をけん制いており、週明けから円が買われる可能性は若干あるかもしれません。

今週は77.82で引けたNZ円ですが、NZ円をロングしたいキウイロンガーとしては、少なくとも73円台まで落ちることを期待します。

ただ先週はNZ中央銀行総裁が利上げを示唆したことが、キウイ円の下値を支える可能性も考えられます。

NZ政府としてはNZドルが上がることは好ましくない、だが、NZ中央銀行としては利上げ可能性も示唆しなくてはならない、といった政府と中央銀行のせめぎあいが行われていることから、今のところ、NZ円は70円~79円あたりが適正価格なのだと、個人的には予想します。

なので70円~75円くらいで買いサインが出れば、積極的にキウイ円をロングする戦略で行こうと思います。

他の為替ブログも必見!

現在のポジション
なし

四日ぶりの更新

→夜の為替ランキング!

さきほど旅行から帰ってきたので、早速4日ぶりに更新します。
帰ってきて早速NZ円のレートをチェックしてみると、現在77.96円。

どうやら旅行に行ったと同時にNZ円が上昇してしまって、せっかくの上昇に乗れませんでした。

9/11の記事で書いたテクニカルでいうと、一目均衡表の基準線で下げ止まったというのが正解だったようです。

旅行に行っていた間のチャートを見返してみたら、9/13の朝には弱めの買いサインが出ていたので、そこで買えていれば75.50あたりでエントリーできていたと思います。

NZ中央銀行の総裁が利上げを示唆したことで上昇したみたいですが、ちょっと今からは買いづらいので、また下がるのを待ちたいです。

個人的にはG7後に円高になって、NZドルも73円まで下落という都合のいいシナリオを期待したいです。

他の為替ブログも必見!

現在のポジション
なし

NZ円テクニカル

→夜の為替ランキング!

朝に74.06まで落ちていたキウイ円は、日本の機械受注統計が予想を大きく下回ったことで円が売られ、現在75.13まで反発してきました。

MACDがデッドクロスして、落ちていきそう見えた他のクロス円も、この円安を受けて反発してきました。

前に、G7までは円高で、G7後に円安になって欲しいと書きましたが、実際のところは、G7で何事もなければ円安、もし円安について議論されるなら円高、という感じになるかと思います。

実際にG7でどう動くのかわかりませんが、G7までに円安の状態が続いていればG7後は円高に、逆にG7までにある程度円高になっていればG7後は円安になりやすいような気もします。

いくつかのテクニカルでキウイの下げ止まる位置を予想してみると、
一目均衡表:基準線で下げ止まったように見える。
フィボナッチ:73.7あるいは72.9あたりで下げ止まる。
トレンドライン:73~72円あたりで下げ止まる。

こんな感じでしょうか。

明日から旅行に行くので何日か更新休みます。
旅行から帰ったときに72円あたりで反発して、即エントリーって感じになると理想的なんですが。

他の為替ブログも必見!

現在のポジション
なし

今週のNZ指標

→週初の為替ランキング!

普段それほど注目されることのないNZの経済指標ですが、今週は比較的NZ指標の多い週で、14日にはNZの政策金利も発表されます。

NZの利下げは来年の中頃からではないかとの見方も出ており、14日の政策金利発表でも、金利は7.25%で据え置きになると見られています。

今週の主なNZ経済指標
9/13 7:45 7月小売売上高指数
9/14 6:00 RBNZオフィシャル・キャッシュレート
9/15 7:45 第2四半期製造業売上高
他に、食品価格や非居住者国債保有率の発表もあり。

さて、先週はドイツ財務次官の発言が円高のきっかけになりましたが、15、16日に行われるG7をめぐっての、各国の口先介入が今週も出るか注目されます。

今週もいまのところ円高で始まっており、NZ円は現在74.28円。

他の為替ブログも必見!

現在のポジション
なし

通貨の呼び方

→日曜の為替ランキング!

このブログでは、NZD/JPYのことを、「キウイ円」「NZ円」「NZドル円」とか言ったりしますが、どれも同じNZDJPYのことで、特に使い分けに意味は無く、その時に使いやすい言葉で書いてます。

以下、無用のことかもしれませんが、初心者の頃にはいろいろ戸惑った記憶があるので、他の通貨についても通称を載せておきます。

USD/JPY・・・ドル円
CAD/JPY・・・カナダ円、CAD円、キャン円、カナダドル円
AUD/JPY・・・豪ドル円、オージー円、豪円
NZD/JPY・・・キウイ円、NZ円、NZドル円、NZD円
EUR/JPY・・・ユーロ円、ユロ円
CHF/JPY・・・スイスフラン円、スイス円、スイ円
GBP/JPY・・・ポンド円、英ポンド円、ポン円
ZAR/JPY・・・南アフリカランド円、ランド円、南アランド円

他にもGBP/CHFを「ポンスイ」、CAD(カナダドル)のことを「キャンドル」と言ったりするのも一般的。

あとは、GBP(英ポンド)のことを「ケーブル」と言ったりするらしいですが、こちらはあまりお馴染みが無いですね。

他の為替ブログも必見!

キウイの話

→週末の為替ランキング!

昨日はドルが強かったようで、ほとんどの通貨に対してドルが買われていて、EURUSD、GBPUSD、AUDUSDなどが続落しています。

カレンNZ財務相のNZドルの下押しリスク発言などもあって、NZDUSDも続落。

NZDUSDが下落するとNZDJPY(キウイ円)も下がる傾向にあるので、やっぱりキウイ円はもう少し落ちるんじゃないかと思います。

トレンドラインと最近の安値から早ければ72円台、そこを割れば72~68円の間が一応の目安になりそうです。

今はノーポジションなので安いところで買うために、キウイ円の下落は歓迎です。

来週のG7が終わるころには、できれば72~68円の間くらいでエントリーしたいと思ってます。

他の為替ブログも必見!

現在のポジション
なし

サプライズなしで年内は利上げ見送り

→午前の為替ランキング!

今日のNZ円は74.80から74.00まで下落しましたが、74円で反発して、今は74.46まで戻しています。

日足ではMACDがデッドクロスしていて、クロス円全体が円高基調なので、NZ円ももう少し落ちてもおかしくないと思います。
というか早くNZ円を買いたいので、もっと落ちて欲しいです。

日銀は現行の金融政策維持を全員一致で決定し、福井総裁の会見では、円高のきっかけとなったドイツ財務省次官の発言をけん制するような発言もありましたが、結局は円の方向感ははっきりせず、あまり大きな動きとはならなかったようです。

基本的には今まで通り、年内の利上げは見送り、との見方は変わっていないと思います。

キウイロンガーとしては日本の金利が上がらないに越したことはないですが、金利が上がってもしばらくは日本は低金利という状態が続くと思うので、キウイのスワップはまだまだ魅力的です。

他の為替ブログも必見!

現在のポジション
なし
57通貨ペア!高機能チャートはDRAGON FX 24!

 | BLOG TOP |  NEXT»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。